肝臓内科
肝臓内科を受診される方へ

肝臓内科は、主に慢性肝炎(B型肝炎、C型肝炎)、脂肪肝、肝硬変、自己免疫性肝炎などの診断・治療など肝臓領域全般の診療を行うとともに、肝臓と関連性の高い胆のうや膵臓の病気についての専門的な診療、検査、治療、相談もお受けしています。

また、当院は「東京都肝臓専門医療機関」に認定されており、B型肝炎の核酸アナログ製剤治療、C型肝炎治療のインターフェロンフリー治療(内服治療)に対して医療助成制度が利用できます。 健診で肝機能障害を指摘された方などは、ぜひ当院へご相談頂き、肝臓専門医による診察をお受け下さい。

肝臓内科の主な対象疾患

B型肝炎

 

B型肝炎とは、B型肝炎のウイルス感染によって発症する病気です。
血液や体液、注射器の共有からの感染が多いと言われており、また、
慢性化したB型肝炎のほとんどは母子感染からみられます。急性B型肝炎は、感染しても自覚症状はあまりでないうちに約60~70%の人が完治する傾向です。

しかし、他の約30~40%の人は典型的症状をみるといい、関節痛や食欲不振、吐き気、全身のだるさなどと共に、肝疾患特有の黒褐色の尿や黄疸などが発症するとされています。
母子感染の場合は無症候性キャリアといい、大抵は肝炎が発症しても気づかない事が多くそのまま完治していくが、ウイルスを撃退できず肝炎が続いてしまう事もあり、この状態を慢性B型肝炎と言います。

C型肝炎

 

C型肝炎とは、肝炎を起こすウイルス(C型肝炎ウイルス)の感染により、6ヶ月以上にわたって肝臓の炎症が続き、細胞が壊れて肝臓の働きが悪くなる病気です。
初期症状に乏しく自覚がありませんが、長い間放置しておくと肝硬変や肝がんに進行しやすいことが知られており、現在では、100人に1~2人の割合で、C型肝炎の患者様、あるいは本人も気づいていないC型肝炎ウイルスの持続感染者(キャリア)がいると推測されています。

脂肪肝

脂肪肝は肥満、糖尿病、アルコールが主な原因として起こる疾患です。
脂肪肝自体は原因ではなく結果ですので、脂肪肝と診断された場合は、その原因をつきとめ適切な治療を行うことが重要です。
肝脂肪の厄介な点はよほどでない限り、自覚症状もなく、職場の検診などで肝機能障害を指摘されたり、腹部超音波検査で偶然発見されることが多く、放置していても脂肪肝自体では余り困ることはないようですが、これらの原因はいずれも重篤な生活習慣病の原因となるため、早期発見と治療を行う事が大切です。

肝硬変

慢性的な肝炎が続き、病状が進行すると肝硬変を引き起こします。
ここで重要なことは、慢性肝炎から突然肝硬変になるわけではなく、知らないうちにいつの間にか肝硬変となってしまう事です。肝硬変になると食道静脈瘤や肝細胞がんの合併が非常に高くなるというリスクがあり、また経過中は無症状(自覚症状がない)のため、意識的に定期検診を行う事が大切です。

肝硬変が進行し、肝臓の機能が低下すると腹水、黄疸、意識障害などのより重篤な肝不全に至ります。肝硬変ですぐにこれらの合併症が起こるわけではありませんが、慢性肝炎の時より厳重に腹部超音波検査などで検査を行う必要があります。

自己免疫性肝炎

免疫とは自分と自分でないものとを区別し、自分でない異物が体の中に侵入した際にその異物を排除する体の仕組みのことを言います。ところが、自分の体をこの免疫が攻撃することがあり、その疾患を自己免疫性疾患と言います。肝臓がその標的臓器の場合に自己免疫性肝炎と言います。ウイルス肝炎とは治療法が異なり、免疫抑制剤であるステロイドを上手に使うと非常に良い経過が得られることがあります。
何よりも早期発見と診断が非常に重要で、治療の時期を早めることで重篤な状態となるリスクを回避する事ができます。専門医が一番必要とされる疾患です。

アルコール性肝障害

 

アルコール性肝障害は、大量のアルコールを長期間飲み続けているうちに肝細胞が傷つけられ、肝臓の機能に様々な障害をきたす疾患です。アルコール性脂肪肝から始まって、しだいに悪化し、肝硬変や慢性肝炎に至ります。肝臓は、体内で代謝によって発生したアンモニアなどの有害物質や、体外から飲食物とともに摂取された有毒物質に対して解毒作用を持っています。しかし、長期間に渡って過度のアルコール摂取繰り返せば、やがて処理能力の限界を超えて障害を引き起こす原因となります。

 

原発性胆汁性肝硬変(PBC)

自己免疫性肝炎とともに自己免疫性肝疾患を代表する疾患の一つで、肝臓の中にある胆汁を流す胆管が傷害され、最終的には肝硬変となり黄疸や痒みを発症します。
この病気については、自己免疫性肝炎と同様に専門医の診断が必須と言えます。

原発性胆汁性胆管炎(PSC)

原発性硬化性胆管炎(PSC)は、原因不明の慢性胆汁うっ滞をきたす疾患です。
胆管壁に輪状に線維性肥厚が生じ胆管が潰されます。原発性胆汁性肝硬変(PBC)と似た病態になりますが、PBCでは、肝臓内の胆管に病変が生じるのに対し、原発性硬化性胆管炎では、肝内肝外問わず全ての胆管が侵されます。稀な疾患で原因は不明ですが、自己免疫の疑いが強く、潰瘍性大腸炎を主体とした炎症性腸疾患の合併などがしばしばみられます。

B型肝炎に対する核酸アナログ製剤治療について

B型肝炎の治療で用いられる薬剤です。一般的にインターフェロンのような大きな副作用はありませんが、一旦内服を開始すると長期にわたり服用を継続する必要があります。治療にあたっては専門医の医師とよく相談する必要があります。

「東京都肝臓専門医療機関」である当院では、医療助成制度を受けながらの治療が可能となりますので、まずはお気軽にご相談下さい。

C型肝炎に対するインターフェロンフリー(IFNフリー)経口剤治療について

C型肝炎の治療は、従来は注射薬のみのインターフェロン(IFN)を用いた治療が中心でしたが、

2014年に登場した内服のみのINFフリー治療(ダクラタスビルとアスナプレビルの併用)により、これまでIFN治療で効果がみられなかった患者様にも有効な治療が出来るようになりました。最新の治療ではジェノタイプ(セロタイプ)1型のC型慢性肝炎またはC型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善に対して、NS5A阻害薬(レジパスビル)と核酸型NS5Bポリメラーゼ阻害薬(ソホスブビル)の配合剤である「ハーボニー配合錠」が保険診療で使用できます。12週間1日1回の経口投与による治療です。インターフェロンフリー治療の利点は、インターフェロン治療に比べて副作用が少なく、治癒率が非常に高いことです。僅かな副作用として肝機能障害、頭痛、発熱、下痢等がありますが、外来での診察・血液検査で副作用の有無について診ていきますので、インターフェロンフリー治療についても、当院の肝臓専門医にお任せ下さい。

「東京都肝臓専門医療機関」である当院では、医療助成制度を受けながらの治療が可能となりますので、まずはお気軽にご相談下さい。